Piccola Anima Innocente

小さな無垢な魂~動物保護団体「たま・アニマルレスキュー・ネット」の活動を綴っています。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンちゃん預かり日記 アネックス8

最終日

               コンちゃん帰るよ

NK2Q3857_convert_20110526232311.jpg

           つ”か”れ”た”


グラさん宅にコンちゃんをお届け。
車に乗るのがちょいと苦手なコンちゃん。
でもいつもの散歩道の、川原を通り過ぎたところからそわそわ。
ボニちゃんの匂いが漂ってる?
「おかえり」と迎えに出たグラさんに、最初「?」の顔をしてたが、事情を理解し満面の笑み。
さっさと家に入り、玄関から顔をのぞかせ、私と家のわんこに向かって「まぁ上がんなよ」って。
そして、自分のラグに寝転んで、さっさと寝てしまった。
私とわんこが帰る時も一切お見送りなし。。
いや、いいんだけどね。おばちゃんちょっと寂しかったよ。

そして、1日経って

「やっと二人きりになれたね」
仲睦まじいカップル、の会話では残念ながらない。
コンちゃんが帰ってから、1日目の朝の散歩中のわんこが発した言葉。
もうね、全身から「嬉しい、ニコニコなの」って顔が言ってた。
いくら仲が良くったって、ず~っとコンちゃんの面倒みてたんだものね。
疲れるよね、ありがとう。


はぁ~、せいせいしたぁ~
_MG_66844_convert_20110526235421.jpg

嫌すぎて、便秘になったわよ

高齢のまおさんには、ちょっと小僧はきつかったね。すんませんでした。
家の母が「孫は来て良し、帰って良し」と言ってた意味が私にも分かったよ。

多頭飼いは確かに楽しい。でもそれは人側の話。
先住の動物の気持ちは?ほんとは、他の子は迎えてほしくないんじゃない?
だから先住動物の性格、年齢を考えて、次の子を迎えるかどうか慎重に検討したほうがいい、
と預かり代理で悟ったinui。

特に子犬子猫を次の子に迎える場合、人の関心と世話の時間はすべてその子にいってしまう。
「次の子を迎える場合、先住犬(猫)を優先しましょう」なんて巷では教えてくれるけど、形ばかりでは動物の目はごまかせないと思うんだよなぁ。
実際、しつけやらトイレの問題やら、ほれいたずらだ、なんてばたばたしてて、生活習慣とか行動が定着するまで、迎えてから7~8ヶ月かかるもんだし。そんな長い間先住の子に我慢させるの?

それなら、成犬(成猫)を迎え入れる方が、格段に人も動物側も楽なんじゃないかと思った次第。
大きくなってるから、ある程度の性格もわかってるし、世話も子犬(子猫)ほどいらない。
大きな問題(虐待を受けてたとか、噛むとか、)がない限り、来た子も迎えた側も2~3ヶ月で慣れる。

(うちの場合は、猫のまおさん。保護した当時15歳。来て2ヶ月もしたら何十年もこのベッドにいましたよ、てな顔で寝てた。最初落ち着かなかったわんこも、やはり2ヶ月もしたら、まおさんのパーソナルスペースを礼儀正しく尊重してた)


おいらなんかどう?

NK2Q3823_convert_20110527021705.jpg

うん、コンちゃんはすばらしいパートナーになる素質があるよ
コンちゃんを大切に迎えてくれる家族をきっと見つけるね。それまでもうちょっと修行しようね。



これで、預かり代理の日記は終わり。

最後に、写真について。
動物は真正面からカメラを向けられるのは好きではないようです。
至近距離から真正面でカメラを向けると、「嫌だよ」のカーミングシグナル(グラさんのブログ参照のこと)を出してることに気がつくと思います。
動物に対して斜めから撮影する、同じポーズをずっとさせない、しつこくカメラを向けない、望遠レンズで遠くから撮影するなどで、自然な表情が撮影できるような気がします。
どうぞモデルになってくれる動物たちにご配慮を!

次にコンちゃんについて書く時は「幸せになりました。それで市が栄えたとさ」となりますように。















スポンサーサイト

| 幸せになった子たち | 03:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。