Piccola Anima Innocente

小さな無垢な魂~動物保護団体「たま・アニマルレスキュー・ネット」の活動を綴っています。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

商店街でビラ撒き

地域猫活動をしている商店街でビラ撒きをおこなってきた。

飼い主不明猫の不妊・去勢手術をすべて当会で支出しているので、財政的に非常に苦しくなってきているため、活動報告と支援のお願いを呼びかける必要があるからだ。

床屋さん周辺の店舗の方と少し話したが、ご近所なので直接は苦情を言いにくかったそうだ。

今後、猫の管理で問題があったら、当会に知らせてくれるようにお願いしてきた。

説明しているときに感じたのだが、猫の不妊・去勢や糞の始末などに取り組んでくれるのはありがたいが、だからと言ってカンパしようとか、自分たちが参加しようなどという気にはなってくれない。

もっと地域の方々を巻き込んでいかなければ地域猫活動としては成り立たないのに、基本的に無関心である。

今月の終わりごろに、市が作成したお知らせが回るので、その効果がどの程度あるか…。

いずれにしても、多面的に取り組んでいく必要があるだろう。

ともあれ資金難を何とかしなければいけない。

数週間以内に、メス猫数匹の手術を行わなければならないからだ。

子供を生んでしまわないうちに捕獲しなければ。

****************************

ところで昨日、保護猫ミアちゃん(5ヶ月♀)を病院に連れて行き、2回目のワクチンと、2回目の血液検査をやってもらってきた。

ミアちゃんは保護したときにはカゼをひいており、1週間ほど入院させて風邪が治ってからうちに連れてきたのだが、子猫とは思えないおとなしさだった。

そこで血液検査してみたら、肝臓と白血球数の数値が高かった。

白血球の増加は炎症の存在をあらわすので、肝細胞がウイルスや細菌などに感染して炎症を起こしているのだろうという診断だった。

強肝剤を2週間服用したのち、今日、再検査をしたのだ。

日々元気になっていき、最近では夜走り回るようになってきたので、これはよくなったのだろうと思っていた。

すると、予想に反して悪くなっていたのだ。

GOT:121→177
ALP:88→127
白血球数:23800→22100

前回の薬には全く反応しなかったということだ。

そこで今度は、抗炎症剤とタウリンを使って様子を見ることになった。

こうなると、もはや長期戦の様相を呈してきた。

なかなか数値が改善しないようなら、腫瘍の疑いもあるので、精密検査をすることになる。

ミアちゃん、とてもいい子なのに、これでは里親募集は難しい。

病気のことを了解した上で里子に迎えてくださるというのなら大歓迎だが、せっかく新しく迎えたのにいきなり闘病生活というのは、精神的に辛いものがある。

もちろん検査費や治療費もがっつりかかる。

なので、あまりお勧めはできない。

そこで、ミアちゃんの里親募集は、一時中止とさせていただく。
スポンサーサイト

| 地域猫活動 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。