Piccola Anima Innocente

小さな無垢な魂~動物保護団体「たま・アニマルレスキュー・ネット」の活動を綴っています。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

保護猫まおちゃんの近況とご寄付のお願い

11月12日より、たま・アニマルレスキュー・ネットの保護猫として、一時預かりさん宅で暮らしているまおちゃんの近況報告をしよう。

保護猫まおちゃん

まおちゃんは、放浪しているところを保護されて、保護主さんからゆくゆくは野良に返すといわれ、たま・アニマルレスキュー・ネットで引き受けた高齢の猫さんである。

当初は里親募集をする予定だったが、腎不全のうえに、何度もてんかん発作を起こしているので、このうえさらなるストレスをかけないために、里親募集はしないことにしたのである。

一時預かりさん宅で、本会の猫として余生を送ってもらう。

保護活動をしていると、どうしても里子に出せない動物が出てくるが、それを一時預かりさんや会員が引き取っていると、個人が多数の動物を抱えてしまって、多頭飼育崩壊寸前のような状態に陥る危険がある。

そこで本会では、会として引き取って、会としてその子の生涯に責任を持つというシステムを採用している。

まおちゃん、保護当初から腎不全という診断だったが、その後てんかん発作をおこしたので、一時預かりさんに検査に連れて行ってもらった。

血液検査やレントゲンなど、麻酔なしでできるものはすべて行い、病理検査もしたが、内科的には腎不全以外は異常なし。

重度の歯肉炎で、後ろ足に麻痺があり、前足には関節炎が、そのほか外耳炎に副鼻腔炎も見つかったが、てんかん発作の原因はわからないのである。

担当獣医師の予想では、脳腫瘍の疑いが濃厚ということで、もしそうなら手術すれば回復する見込みがあるということで、先日一時預かりさんが、MRIを撮りに連れて行ってくれた。

結果は、気になる点々が見られるが特に異状なし、昔の栄養不足の痕があり、そして脳が萎縮しているということだった。

いわゆる「ぼけ」というやつで、年齢も15歳くらいはいっていそうだという。

けっこう頻繁に起こるてんかんの原因はわからなかったので、抗てんかん薬を使うかどうか、腎不全への影響を考えつつ決めなければならない。

このように、まおちゃんの医療費がMRIだけでも8万円もかかり、それ以外の検査代もすでに10万円以上かかっている。

現在は一時預かりさんに立て替えてもらっている状態なので、皆様からの援助をいただけたらとてもありがたい。

飼い主さんに捨てられ、最初の保護主さんにも見放されたまおちゃんのQOLの向上のため、ぜひとも暖かいご支援をお願いいたします!

振込先:ゆうちょ銀行
口座名義  「たま・アニマルレスキュー・ネット」
口座番号  10070-18121471

* ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振込の際は、次の内容をご指定ください。

店名 〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番 008
預金種目 普通預金
口座番号 1812147

** なお、たま・アニマルレスキュー・ネットでは、まおちゃんプロジェクトと並んで、地域猫プロジェクト、保健所レスキュープロジェクトも行っております。
まおちゃんにご寄付をくださる場合には、お名前の後ろに「まお」とお書き添えください。


会計報告は、こちらをご覧ください。

どうぞよろしくお願いします!

<追記>
年末のお忙しいときに、早くもカンパをくださった方々に、心より感謝を申し上げます。
30日午後3時までに確認できた分は、すでに一時預かりさんに送金いたしました。
また、年明け早々にご寄付くださった皆様、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

| 保護動物 | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。